がんの転移は活発な細胞分裂によって起こる|最適な治療方法で撃退

医者

脳内にできた腫瘍

病院

脳内にできる腫瘍を、脳腫瘍と呼んでいます。できてしまった部分によりさまざまな症状が現れてきます。いろいろな治療方法がありますが、術を主な治療方法として、放射線治療や、薬物療法が組み合わせて行われています。

もっと読む

治療をしてもらう

案内

神戸には、様々な整形外科があります。総合病院のような大規模のような病院から地元に密着した小さな病院まで色々とあります。行くときには、しっかりと医師になぜこうなったのかなど説明し、医師の指示に従うことです。

もっと読む

全身治療の困難さ

先生

ガン細胞の持つ性質

がん細胞はもともとはその人の細胞です。正常な細胞はその細胞があるべき場所に存在し、するべき役割を担って時期が来たら、新しい細胞と入れ替わって自らは死ぬという性質を持っています。しかし、何らかの原因で遺伝子に異常がおき、これらの仕組みがうまく働かなくなったことを細胞のがん化といいます。がん化した細胞は周囲の細胞との調整をとることもなく、無制限に増えようとし血液やリンパ液の流れに乗って離れた臓器にまで到達し、そこでも増えようとします。これが転移です。転移した細胞はもともとの組織の細胞の性質を持ったままであり、胃がんが肝臓に転移した場合、転移した細胞は胃の細胞の性質を持ち続け、肝臓の細胞にはなりません。

治療手段がなくなる

転移がなぜ恐ろしいかといえば、治療する手段がなくなってしまうからです。現在、ガンの三大治療法は手術療法、放射線療法、化学療法です。遠隔臓器に転移が認められた場合、問題のある細胞は全身に散らばっていると判断できます。手術はガン細胞を大きく切り取る方法であり、放射線照射は局所の細胞を放射線で殺す方法です。全身を切り取ることはできませんし、放射線を当てると細胞は死にますから、全身に放射線をあてることもできません。そのため非常に難易度の高い治療法でもあるのです。しかし、現在のところ化学療法のみでガンを死滅させられるのは白血病などごく一部に限られています。これ以外のガンを完治させられるのは、病気の発症部位を大きく切り取ったり、放射線を当てたりしてガン細胞を殺してしまう治療法だけです。また、これらの治療は時間との戦いであり、治療が遅くなればなるほど治る可能性も低くなってしまいます。そのため、可能であれば定期的な検診を受け、病気の発見を能動的に行うのがベストです。これは一度治療を行った後も同様であり、定期的な検査ががんの発症、そして転移による症状の悪化を防ぐことが可能になるでしょう。

人気の病院と予防法

女性

脳腫瘍は死亡する可能性がある病気なので、 日本にもこの病気に特化した病院があります。そういう病院は口コミで噂が広まり、任意があります。予防を普段から行なうことも大切ですが、もしなった場合には様々な治療が用意されています。

もっと読む

Copyright © 2016 がんの転移は活発な細胞分裂によって起こる|最適な治療方法で撃退 All Rights Reserved.